人身事故

交通事故で人身事故の被害に遭い、病院や整形外科で治療を受け、なかなか症状が良くならないというのはよくあることです。

任意保険会社は、良くならなければ症状固定をするようにと促しますが、それは快方に向かう可能性を断念することです。

骨折や、出血を伴う外傷の場合は、病院や整形外科での治療となりますが、むちうちなど、外からは判断しにくい症状に関しては、医者も対処法に迷う場合があります。

治療方法は西洋医学だけではありません。

治らないから後遺症と諦め、後遺障害等級認定申請をしても、却下されることが近年増えています。

症状固定をすると、その後の治療費は自己負担となり、後遺障害等級認定申請が却下されたら、後遺症に対する治療費はどこからも出ません。

交通事故被害でむちうちになった場合、整骨院や整体の治療で症状が緩和されたというケースはよくあります。

草加市獨協大学前のおくさわ整骨院では、交通事故被害者の治療もおこなっています。

運動中のけがと違い、交通事故では、まったく無防備な状態でいるときに突然激しい衝撃が加わるため、特に普段運動をしていない場合は、症状が重くなりがちです。

長引くのも無理もないことです。

そうしたことを十分踏まえ、事故被害に遭う前の状態に戻すべく、体全体のバランスから診ていきます。

痛み止めの服用や湿布による一時しのぎの治療ではなく、根本治療を目指しますので、後遺症が軽減されたり、なくなることもあります。